2009年09月30日

ありがとう、グレ。

今朝のグレ。
うつろな感じながらまだ起きていた。

しかし少し目を離した隙に倒れてしまい、
自分では立ち上がることもできなくなった。

最後の頼みの綱だったえん麦すら口にしない。
大好きだった小松菜も目に入らない。

数日前の経過はよい感じだったのに、
なぜこんなに急に弱ってしまったんだろう。
2日くらい前からやり直したい。


倒れたグレはもう起き上がれない。
見舞いに行った時の妹の最期がこんな感じだった。

「ありがとう、ありがとう」
もう楽になっていいよ、と頭を精一杯なでた。
こんな弱気、飼い主失格かもしれない。
でも今の姿を見るのは辛い。

危篤のグレを置いて会社にはいけないと思いながら、
責任ある仕事を任されどうしても休むことができない。

グレより会社を優先する白状な自分に嫌気。
帰宅後は生きたグレ対面できないことも覚悟した。


そして、さきほど帰宅。
おそるおそる電気をつけた。
グレは倒れたままだったけど生きていた!

倒れて弱々しくて虫の息。
もうこんな辛い姿は見たくないと思っていたのに、
戻るまで生きていてくれてありがとうと嬉しくなった。

元気な時にはまともに抱くことができなかったから、
抱いてやった。それでも死力を振り絞って嫌がった。
嫌がっても全然力がないよ…。

ケージの方が落ち着くみたいだから戻してやった。
寝たきりだけど、たまに頭を振って起きようとする。

「グレ、もういいんだよ」と言いそうになるけど、
グレは生きようとしている。最後まで応援しないと。


みんなから応援のコメントをもらったけど、
正直、グレの残された時間は短いと思う。
少しでも一緒に過ごすためウサギ部屋に戻ります。

ニックネーム オヤジ at 23:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレの容態。

グレが歯を切ってからある程度の日数が経過。

そろそろ乾燥ペレットも食べないかと、
ふやかしとは別に普通のペレットも与えておいた。

朝になったらふやかしは残していたけど、
乾燥フードの方は全部食べていた!

なんだグレ、もう大丈夫なんじゃん!
と大喜びして、普通のペレットだけ与えて出勤。



IMG_0483.jpg



帰宅後、完食を期待してケージを覗くと、
ほとんど食べてない!


それどころか、どこか緩慢で手足の動きも鈍い。
グッタリと横たわるまでいかないけど、
少し小突いたらコテンと倒れてしまいそうな弱々しさだ。

元気な頃のグレを思い出すと、
こちらまで悲しい気持ちになるがグレの前では笑顔。
「大丈夫、大丈夫」と言いながらデコを撫でてやる。




IMG_0490.jpg




歯を切って、注射をして、薬を飲ませてこの状態。
また病院に行ったとして何をしてもらえるのだろう。


数日前は少し元気になったので、
もう大丈夫と少し安堵していたのに、
また急に老け込んだ感じで小さく見える。

幸い今日届いたリンゴペレットとえん麦は食べてくれる。
本来は主食のペレットを食べて欲しいけど…。
まずはリンゴペレットで体力を回復してほしい。



IMG_0483.jpg



今まで何度も不調に陥ったグレだけど、
そのたびに強靭な生命力で復活してくれた。

根拠はなくても今回も大丈夫と思い続けてきたけど、
今夜の姿を見るとその思いが少し揺らいでくる。


隣のケージではチャーリーとレーさんが、
届いたばかりの牧草を延々うまそうに食べている。
グレとは対照的な姿に複雑な思いだけど、
この元気な2匹に励まされていることも確か。

まだこの3匹と一緒に暮らしていたい。
グレの母ちゃん、まだグレを連れていかんでね。
ニックネーム オヤジ at 00:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする